居酒屋の変化

    お酒を売るだけの「酒販」と「飲み屋」は区別されています。しかし、今現在も酒屋でお酒が飲めるスタイルを維持しているお店は少なからず存在します。酒屋さんでグイッと飲むスタンド酒は女性がするには勇気がいるかもしれませんが、仕事帰りなどにちょっと一杯…という人にとっては最高ですよね。

    居酒屋の歴史にはいろいろな諸説があい、どれもなるほど…と思ってしまうものばかりです。例えば、屋台でお酒が売られるようになり、それが居酒屋へと変わっていった、おかずを販売しているお店でお酒が売られるようになった…などなど。そんな居酒屋もおじさん達の憩いの場から若い男性、女性たちにも行きやすい場所へと変わっていったのです。

    メニューやお酒の種類が豊富になり、各地域にはさまざまな特徴を持った居酒屋が展開するようになりました。80年代になると居酒屋の全国チェーン店が出店し、安くて大人数で飲める場へなり、若者たちの新年会や忘年会の場としても活用され始めます。セットメニューや時間制限付きの飲み放題などは、若者を狙ったもので居酒屋の新メニューが話題になるほどその時代にマッチしているのです。江戸時代から始まり、今の姿に至るまでいろいろな変化をし続けた居酒屋は、誰もが気軽に行けるお店として親しまれています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です